芸は身を助ける!アメリカ留学の経験から

芸は身を助ける!アメリカ留学の経験から

サンフランシスコに留学して間もないころ、なかなか友達ができず、苦労した時期がしばらく続きました。同じ留学仲間の日本人やアジア人とは割とすぐ馴染んで同士のように勉学に励むのですが、留学生仲間だけでなく現地のネイティブと友達になりたい!というのは、誰もが思う事なのではないでしょうか?実際、現地の友達を作って一緒に遊んでいる留学生たちは、英語の上達も早く、人気者の雰囲気があり、みんなから憧れのまなざしで見られていました。

英語を上達させたいから友達がほしいというだけではありません。折角異文化に身を置いて、貴重な体験をしているのだから、そこの生活にどっぷりとつかってみたいと思うのは自然な事だと思います。現地の友達ができれば、ローカルなスポットにも連れて行ってもらえるし、文化交流を自然な形で、肌で感じることができるものです。そんなこんなで、私も留学してすぐから、友達を作ろう!と努力していました。

しかし、作ろう作ろうと思ってもなかなかできないのが友達です。大学では授業は単位で取るので、ある授業で一緒になった人でも、その次の授業では全く別の教室にいたりして、まずは接点のあるアメリカ人を見つけるのが一苦労です。同じ寮のルームメイトや隣の部屋の子などは、既に仲良しグループができているのか、入学した当初から派閥のようなものがありました。日本人やアジア人好きなアメリカ人は寄ってきたりするのですが、大抵は下心があったり、アニメオタクだったり、なかなか友達として付き合える人には出会う事ができませんでした。

そんな時に大学校内のピアノを弾く機会がありました。勉強付けの毎日の中で、小さい頃から習っていたピアノを弾く久しぶりの機会は、とてもリフレッシュできるものでしたが、同時に私に思ってもみなかった出来事をもたらしてくれました。それは、聞いてくれて話しかけてきてくれる人ができたという事です。それまで、留学生は努力してこちらから話しかけなければと気負っていたのですが、なんのその、ピアノを弾いていたら向こうから話しかけてきてくれて、さらにこちらの下手な英語もじっと忍耐強く聞いてくれるのです。まさに芸は身を助けるということわざを実感した瞬間でした。

PR|心の童話サプリメントアフィリエイト相互リンク英語上達の秘訣オーディオ初値予想JALカード生命保険の口コミ.COMお家の見直ししま専科工務店向け集客ノウハウ童話ショッピングカート内職 アルバイトGetMoneyマッサージのリアル口コミ.comクレジットカードの即日発行じゃけんSEOアクセスアップ相互リンク集